サンデルが好評!マイケル

ものすごいしょうもない事を薀蓄ならべてグズグズ言っている感もまぁありますが、私としては読みやすく特に海外のいろんな話がされていたのが知らない事ばかりでなかなか面白かったです。アメリカがなぜ世界一の経済大国でいるのか!その理由がこの本を読むと感覚的に納得するのですが!ある意味市場主義は「諸刃の剣」とも言えるでしょう。期待以上でした。

コチラですっ♪

2017年01月17日 ランキング上位商品↑

マイケル サンデルそれをお金で買いますか [ マイケル・J.サンデル ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

去年大旋風を巻き起こした、マイケル・サンデル氏のJUSTICEシリーズから今度は、また面白い内容で、お友達から借りてやはり欲しくなり購入しました。彼の言葉や話し方はとても、知的で、チャーミングでユーモアなので!内容を簡単にいいますと、行き過ぎた市場主義に対する警鐘を鳴らしていてる本です。ちなみにタイトルが「ですます」なのに!中身が「である」なのは何故?知人から薦められた一冊で!購入してみました。これも、演説をぜひ聞きたいです。この人は!後世に名を残す方でしょぷね。あれこれ考えながら読みふけっちゃいました。とてもおもしろいです。考えさせられる本です。哲学たるもの「屁理屈みたいなもんだ」「理屈っぽい」感じもまぁしないでもありませんが!こうしていろんな人の意見や見方を目にする事はとても視野が広がっていいもんです。商売・医療・保険・教育・道徳・命名権に至るまで、あらゆる角度から分析や解説をしています。「違約金」なのか「費用」なのか。。いい感じで考えさせられます。歳のわりに、恰好がよく、とても暖かな人柄のようですのできっと、おもてになるでしょうが、タイガー○っズのような失敗はしてほしくないですね。経済学には道徳の観念が関係するという,とてもおもしろい指摘で,法学部卒の私にもわかりやすかったです。ちなみに当方哲学初心者。